働き方をアップデートするメディア

自然に囲まれて仕事!都内から行きやすいワーケーションおすすめ施設8選

大きな窓の部屋で仕事をする女性

新型コロナウイルスの流行とともに広まった「ワーケーション」。最近ではテレワークプラン、ワーケーションプランがあるホテルや、大自然に囲まれたコワーキングスペースなどが増えてきています。
今回は、都内からも行きやすい自然豊かなワーケーション施設をご紹介します。オシャレなホテルや日帰りで行けるところなどさまざまなスポットがあるので、旅好きの人はぜひ足を運んでみてください。

のんびり自然を楽しめるワーケーション施設5選

ホテルブルーベリーヒル勝浦

この投稿をInstagramで見る

ホテルブルーベリーヒル勝浦(@hotelblueberryhillkatsuura)がシェアした投稿

約20万坪、東京ドーム13個分の広大な敷地で豊かな自然を感じられる「ホテルブルーベリーヒル勝浦」。仕事と遊びを思いっきり楽しめる『テレワークプラン』は、コピー10枚無料やホットアイマスク1枚プレゼントなど、嬉しいサービスが盛りだくさん。

施設内にはハーブ園やブルーベリー園があり、仕事に疲れたら散策を楽しむのも良さそう。乗馬やテニスなどのアクティビティも豊富で、夜には満天の星を見ることができます。
ドッグランやペット専用棟があるので、ペットと一緒にワーケーションを楽しみたい方にもおすすめです。

施設情報

住所:千葉県勝浦市興津1920
アクセス:JR外房線「勝浦駅」下車 送迎バスで15分
料金:【テレワークプラン】15,400円~/人
公式サイト:http://www.blueberry-hill.co.jp/

いこいの村ヘリテイジ美の山

この投稿をInstagramで見る

いこいの村ヘリテイジ美の山(@heritage_minoyama)がシェアした投稿

「いこいの村ヘリテイジ美の山」は桜の名所「美の山」の中腹にあり、大自然の中で宿泊や日帰り温泉、アクティビティなどが楽しめる複合施設です。秩父の山々や雲海、満天の星など数々の絶景が楽しめます。仕事の合間にハイキングを楽しんだり、温泉でリフレッシュしたりと充実したワーケーションができる施設。

いこいの村ではワーケーションプランがあり、敷地内に用意された「森のラウンジ」で自然の風を感じながら気持ちよく作業ができます。屋外ですがWi-Fiと電源がついているので、ストレスなく仕事に集中できるでしょう。ハンモックをレンタルして、ゴロゴロしながら作業するのも気持ちよさそう。森の中でのびのびと仕事をしたい方におすすめのホテルです。

施設情報

住所:埼玉県秩父郡皆野町皆野 3415
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」または秩父鉄道「皆野駅」から送迎車あり
料金:ワーケーションプラン1泊2食付き 14,850円~/人
公式サイト:https://www.ikoinomura-minoyama.jp/


シラハマ校舎

この投稿をInstagramで見る

シラハマ校舎(@shirahamaschoolhouse)がシェアした投稿

房総半島の最南端に位置する「シラハマ校舎」は、オフィスやレストラン、宿泊施設が1つになった多目的施設。廃校になった小学校を利用した建物で、学校に泊まるというワクワク感が楽しめます。
1日2,000円(税込)で利用できるコワーキングスペースは、無印良品のデザイナーが手掛けたシンプルなインテリアで揃えられています。Wi-Fiはもちろん、複合機や文房具など仕事に必要なものはなんでもあるため存分に作業もできます。

宿泊施設は吹き抜けの天井や大きなガラス窓など、校舎の特徴を残しつつオシャレにリノベーションされているのが魅力。お風呂は男女別の共用シャワールームで、トイレは各部屋についています。共用キッチンがあるので、町内のスーパーやコンビニで食材を調達して自炊もできます。
自転車がレンタルでき、仕事に疲れたときや空いた時間にサイクリングをしてリフレッシュするのも良さそうです。

施設情報

住所:千葉県南房総市白浜町滝口5185-1
アクセス:東京駅八重洲口から「高速バス なのはな号」館山駅下車・ 館山駅から路線バスで30分「坊田(ぼうだ)」下車
料金:1泊2食付き 9,900円~/人
公式サイト:https://www.awashirahama.com/nagao/index.html


葉山うみのホテル

この投稿をInstagramで見る

葉山うみのホテル【公式】(@hayama_uminohotel)がシェアした投稿

海も山も見たい!という欲張りな方におすすめなのが「葉山うみのホテル」。客室から水平線や夕日を眺めながらゆったりと過ごしたり、ホテルから徒歩30秒の浜辺を散歩したり。都心では味わえない時間を過ごせるでしょう。

ホテル内にカフェ&ワークスペースが設けられていて、Wi-Fiやコンセントも完備。パソコンから顔を上げると目の前に海が広がっていて、非日常空間で仕事ができます。
客室は広々とした個室から、リーズナブルなキャビンタイプなどさまざま。予算に合わせて選べるのもうれしいポイントです。

施設情報

住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内251-1
アクセス:逗子駅から京急バスで「清浄寺」下車 徒歩すぐ
料金:1泊朝食付き 15,750円~/人
公式サイト:https://www.umino-hotel.com/


箱根リトリートフォーレ

この投稿をInstagramで見る

箱根リトリートföre & villa 1/f(@okcs_hakone.retreat)がシェアした投稿

箱根観光の拠点となる仙石原の広大な森の中に佇む「箱根リトリートフォーレ」はシンプルモダンなインテリアで揃えられており、北欧リゾートのような雰囲気です。全室が木々に囲まれていて、ベッドルームやリビングから大自然が見渡せます。お茶体験やヨガ、陶芸体験などのアクティビティが豊富で、充実したワーケーションが過ごせるでしょう。

宿泊者はカフェやフリースペース、会議室などで、大自然を感じながら仕事に打ち込むことができます。カフェではホットコーヒーやカフェラテなど各種コーヒーが無料で飲み放題。予約時にワーケーション利用であることを伝えておくと、空きがあればデスク付きの部屋にしてもらえるそうです。
1日の終わりには森の中の温泉で、仕事や遊びで疲れた体をリラックス。遊びも仕事も温泉も、全力で楽しみたい方におすすめのホテルです。

施設情報

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1286−116
アクセス:箱根湯本駅から箱根登山バスで「俵石・ガラスの森」下車 徒歩5分
料金:1泊2食付き 26,600円~/人
公式サイト:https://www.hakone-retreat.com/hotel/


日帰りで行けるワーケーション施設3選

自然に囲まれて談笑する男女

仕事の都合や家庭の事情で旅行は難しい…という方は、日帰りのワーケーションがおすすめ。ここでは、都内から日帰りで行ける自然溢れるコワーキングスペースをご紹介します。

A-flow

2020年6月にオープンしたコワーキングスペース「a-flow」は、東京駅から約1時間半とアクセス抜群。川と森に囲まれたプライベート空間でワーケーションを楽しめます。老舗旅館を改装した2階建ての建物で、開放感のある大きな窓からは大自然が見渡せます。施設の目の前には多摩川があり、心地いい川のせせらぎのBGMを聴きながら作業ができるのが魅力です。

夜には施設内で焚火を楽しむことも可能。午前中に仕事をして午後はハイキング、夜は焚火と1日中楽しめそうです。
コワーキングスペースとしての利用だけでなく、一棟丸ごと貸し切りで宿泊することもできます。最大15名まで泊まれるので、仕事仲間と訪れてチームでわいわいワーケーションをするのも良さそうですね。

施設情報

住所:東京都青梅市御岳本町338-2
アクセス:JR青梅線御嶽駅から徒歩5分
料金:
1回ご利用プラン 3,000円/3時間
平日のみお一人様プラン 2,500円/3時間
長時間プラン 4,800円/6時間
営業時間:
【平日】9:00~20:30
【休日】8:30~20:30
公式サイト:https://a-flow.info/


高尾山 by Mt.TAKAO BASE CAMP

この投稿をInstagramで見る

Mt. TAKAO BASE CAMP(@mt.takaobasecamp)がシェアした投稿

都心から1時間半で行ける「高尾山 by Mt.TAKAO BASE CAMP」は日帰りでのワーケーションにぴったり。登山や観光、ワーケーションの拠点としてさまざまな楽しみ方ができるコミュニティスペースで、カフェバーやゲストハウスのほか、コワーキングスペースも併設しています。

開放感あふれる川沿いのテラスや素足でくつろげるスペースなどがあり、リラックスしながら仕事に集中できそう。木のぬくもりを感じられるオシャレな室内には、Wi-Fiや電源も完備。カフェの営業時間内はドリンクが飲み放題で、フードが全品10%OFFで食べられます。
さらに、コワーキングスペースの終日プランとドミトリーでの宿泊をセットにした「ワーケーションプラン」もあります。施設内ではトレッキングに必要なグッズのレンタルも行っているので、アクティブな過ごし方もできますよ。

施設情報

住所:東京都八王子市高尾町1799-3
アクセス:京王線「高尾山口駅」から徒歩3分
料金:
【終日プラン】1,650円
【半日プラン】1,100円(5h以内の利用)
【ワーケーションプラン】宿泊+終日セット/3,850円
営業時間:7:00〜19:00
公式サイト:https://takaobc.com/


CAWAZ base

この投稿をInstagramで見る

CAWAZ base【古民家カフェ✖️コワーキングスペース】(@cawaz.base)がシェアした投稿

2021年5月にオープンしたCAWAZ baseは、「働く」と「遊ぶ」を融合した複合型ワーケーション施設です。
自然に囲まれた420坪の敷地には、カフェ&コワーキング棟やウッドデッキ、トレーラーハウス、キャンプサイトなどが設置されています。加えて、BBQやキャンプ、トレッキング、サイクリングなどのさまざまなアクティビティが体験できるのが特徴。

カフェでは地元のお野菜やお肉を使ったこだわりメニューが味わえます。最高の景色でおいしいものを食べながらの仕事は、気分が上がること間違いなし。木々の揺れる音やせせらぎの音を聞きながら、ワーケーションをしてみてはいかがでしょうか。

施設情報

住所:埼玉県日高市栗坪46
アクセス:西武秩父線高麗駅から徒歩15分
料金:ドロップイン 1,600円/日
営業時間:10:00~18:00
公式サイト:https://cawaz.co.jp/


大自然でワーケーションを楽しもう

大きな窓とパソコン

自然の中でリラックスしながらパソコンをカタカタすれば、いつもより頭が働きそう。関東にはアクセスが良く、豊かな自然に囲まれるワーケーションスポットがたくさんあります。家での作業が飽きてきた…そろそろ旅に出たい…という方は、今回ご紹介したスポットにぜひ足を運んでみてください。