働き方をアップデートするメディア

旅をしながら仕事をするトラベルワークの実情!ホテル選びや計画の立て方まで(国内編)

「好きな場所へ旅をしながら仕事ができたらいいな」「トラベルワークを実践したいな」と思う方が増えています。実際にトラベルワーカーはどのように旅の計画を立てているのでしょうか。特に、仕事場にもなるホテルの選び方やオンとオフの過ごし方は気になるところ。そこで、実際に国内外でのトラベルワークを2年実践しているトラベルワーカーが計画の立て方やコツをご紹介します。

ホテル選びは重要

トラベルワーク ホテル選び

トラベルワークをする上で私が大切にしているのがホテル選びです。身体を休める場であり、作業場にもなりえるホテル。より良いトラベルワークにするためにはホテルをなんとなくで決めないことが大切です。そこで実際に私がどのようなポイントでホテルを選んでいるのかご紹介します。

この旅でどんな気持ちになりたいか

トラベルワークの目的

ホテル選びをする際におすすめなのは、トラベルワークをする間どんな感情や気持ちで過ごせたら最高か?と自分に問いかけることです。とにかく集中したい、リラックスしたい、リフレッシュしたい、インスピレーションを得たい、などをイメージすることで写真や情報を見て自分の理想のイメージとマッチするホテルを見つけやすくなります。

作業環境が整っているか

トラベルワーク作業環境

トラベルワークをする上ではWi-Fi環境や作業用スペースが整っているかも重要なポイントです。筆者は大きなライティングデスクがある、作業に適した椅子がある、そんなホテルをよく選びます。ちなみに、公式ホームページや予約サイトなどの写真や情報をみて判断しています。また、客室だけでなくラウンジやカフェエリアなど、パブリックスペースでも作業ができるかをチェックすることも忘れずに。気分を変えて仕事できる場所があると捗りますよ。

アクセスがよいか

トラベルワークのアクセス

トラベルワーカーは様々な場所で仕事をします。沖縄などのビーチリゾートや山の中、温泉など、オフの時間も楽しめる場所を選ぶことも多いです。効率よくオンとオフの時間を過ごすなら、ホテルのアクセス面は重要です。オフの時間にアクティビティなど体験したいことがある場合、ホテルからの交通アクセスが悪いと移動時間や費用でロスをしてしまうので注意しましょう。
オフを楽しみたいエリアとの位置関係や、空港や鉄道など交通アクセスの利便性も意識して選ぶことをおすすめします。

ルームサービスがあるか

トラベルワークホテルのルームサービス

トラベルワーカーとしてホテル滞在をする私が、とてもありがたいと思うのがルームサービスです。朝食を部屋で作業しながらいただくことができると、朝から効率よく仕事ができます。
とくに朝一番にオンラインミーティングがあるときなどは助かっています。最近ではルームサービスはなくてもテイクアウト対応しているホテルもあるので、チェックしてみてくださいね。
もちろん、余裕のある時はホテルのレストランの朝食は気分が上がるのでぜひおすすめしたいです!

アメニティやサービスの充実度もチェック

トラベルワークホテルのアメニティ

トラベルワークを充実させるには身体がリラックスできることがポイントです。ホテルの快適性はコンディションを整える上でとても大事。私の場合は浴室とトイレは別になっているか、ベッドの幅は広めか、窓からの景色はどうか、といった点を必ずチェックしています。

加えて選べる枕がある、スチーマーや加湿器、美容アイテムなど貸し出しが充実しているホテルもおすすめです。筆者自身、客室の枕が合わなかったりお部屋が乾燥していて喉が痛くなったりお肌が乾燥したりといった辛いトラベルワークになった経験があるので、ぜひチェックしておきたいポイントです。

リモートワーク、ワーケーション向けプランの有無もチェック

トラベルとリモートワークとワーケーション

最近はトラベルワーカーに嬉しい、リモートワークやワーケーション向けの宿泊プランを用意するホテルも増えてきています。チェックイン、アウト時間の優遇やラウンジの利用、仕事がしやすいお部屋の用意があるなど内容は様々です。知らずに通常プランの予約をしてしまうともったいないので、予約サイトや公式HPでチェックをしてみましょう。

トラベルワークの計画の立て方のコツ

トラベルワークの計画のコツ

トラベルワークをしてみたいけれど、実際どのように旅の計画の立てたらいいか分からない。そんな方も多いのではないでしょうか。そこでここでは、筆者が意識して実践していることをご紹介します。

旅の目的を自分の中で決める

トラベルワークの目的2

トラベルワークをする時には、まず期間と行き先を定めてからその旅でどんな仕事ができたらいいか、どんな過ごし方をしたいか、目的を決めてみましょう。ノートに書き出してみるのがおすすめです。
加えて一人で旅に出るのか家族や仲間と旅に出るのかで行動の仕方も変わってきますので、ある程度早い段階で誰と行くのかを検討することもポイントです。

スケジュールを決める

トラベルワークのスケジュールを決める

旅の目的が決まったら、その目的を達成するためのスケジュールを設計しましょう。
旅をしながら仕事をするというのはとてもワクワクする素敵な働き方ですが、ついオフを楽しみ過ぎて仕事が進まなかったり、逆に仕事を詰めすぎて旅を楽しめずに終わってしまったりすることもあります。バランスの良いトラベルワークを実践するためにスケジュール設計は大切です。

筆者はどのような仕事をどこまで進めるのかといったゴールを決めた上で、オフでどんなことを体験してみたいかを書き出します。次に大まかにスケジュールに落としてできること、できないことを整理していきます。

注意点としては事前の設計で細かく決めすぎないことです。旅の途中では新たな出会いや体験が待っていることもあり、時間通りに進められないことも多いです。一人ではなく家族や仲間と行動する時には大きく予定がずれることもよくあります。調整ができるように時間の余裕を設けておきましょう。筆者は、仕事の量にもよりますが5日以上の滞在の場合には丸1日オフの日を設けることも多いです。
さらに朝の2時間は必ずこの仕事をする、など自分が仕事に集中しやすい時間を把握しておくと、スケジュールも立てやすくなりますよ。

ポケットWi-Fiを持参する

トラベルワークはポケットWiFiを持参

トラベルワークをする際に大事なオンラインミーティングや作業が発生する場合は、ポケットWi-Fiを用意しておくと安心です。
都市部ではなく郊外に出かける場合は、その地域の電波状況もネットなどで調べておくことが重要です。
逆にデジタルデトックスの目的もある場合は、オンラインの作業をしないと決めてあえて用意しないのも醍醐味。
そのためにも、事前に「どんなトラベルワークにするのか」をイメージしておくことが大切です。

好きな場所に旅をしながら仕事をするトラベルワークは、この時代だからこそ実践できる魅力的な働き方です。ぜひ挑戦してみてくださいね。