働き方をアップデートするメディア

徳島でトラベルワーク!おしゃれで仕事はかどるスポットもご紹介!

四国の右下に位置する、淡路島を介して本州とつながっている徳島をご存じでしょうか。お城やタワー、著名人などは他県と比較するとあまりパッと思いつかないかもしれませんが、そんな徳島だからこそ海や山、川などの大自然に囲まれてゆったりとした時間を過ごすことができます。

今回は徳島県でリラックスしながら仕事ができるおすすめの作業スポットをはじめ、絶景が見られる秘境や仕事のリフレッシュに訪れたいスポットをご紹介します。

徳島で作業におすすめなお洒落カフェ

「観光地」というイメージが沸きにくい自然豊かな徳島では、近年Uターン就職なども人気となっており、新しく綺麗な作業スペースがたくさんあります。今回はその中でも特におすすめな3つの場所をご紹介します。

ザ・パシフィックハーバー

1つ目にご紹介する「THE PACIFIC HARBOR(ザ・パシフィックハーバー)」は、徳島の結婚式場内に併設されているシェアラウンジです。

スペース全体にモダンでスタイリッシュなデザインが施されており、十分にリラックスできる空間となっています。さらに電源とWi-Fiが完備されているため、調べ物をしながらの作業にはもってこいのスペースです。

ラウンジで飲食をすることで入場が無料になるため別途スペース代が必要ないところも、このスペースがおすすめな理由のひとつといえます。非日常な空間で静かに集中して作業をしたいという方に特におすすめなスペースです。

※現在はコロナウィルス感染症の影響で当面の間営業停止となっています。

ADLIV(アドリブ)

2つ目にご紹介する「ADLIV(アドリブ)」は、「うだつの町並み」で知られる徳島県美馬市の脇町という町にあるお洒落なコワーキングスペースです。こちらのコワーキングスペース、実は老舗印刷会社の工場をまるっとリノベーションして作られた場所で、コワーキングスペースとしてだけでなくホステルやカフェ、キッチンスタジオを併せ持つコリビングスペースとしても使用されています。

施設内には昔からの工場のレトロな雰囲気を残しつつポップで明るい吹き抜けが作られたことで、全体的にオープンな空間となっています。ゲスト同士の横のつながりがあるので、楽しみながら仕事ができます。

「真鍋屋」MINDE

3つ目にご紹介する「真鍋屋 MINDE」は、徳島県三好市の池田町の人々に守られてきた築100年以上の古民家をリノベーションして作られた、三好市地域拠点交流施設となっています。野菜ビュッフェが食べられるカフェレストランやMINDEマーケット、MINDEキッチンなど食に関するスペースをはじめ、畳スペースや中庭スペースなどの休憩スペース、移住者支援窓口やお試し住居、お試しオフィスなど様々なスペースが併設されています。


コワーキングスペースとしては、プロジェクター、壁面ホワイトボード、無料Wi-Fiが完備された「みんなのスペース」や、リノベーション前は蔵として使用されていた中庭スペース、近くにある山々の美しい景観を望むことができる「みんなのデスク」があります。

13席を構える「みんなのデスク」には無料Wi-Fi、有線LANや電源など作業に必要な設備が完備されており、利用料金は1時間100円、1日中使用しても510円ととても安いため経済的です。静かな環境で、集中して作業する際にぴったりなコワーキングスペースとなっています。

オフラインでの仕事に!絶景を眺めながら作業ができるスポット

トラベルワーカーの方の中には、屋外でフレッシュな空気を吸ったり太陽の光を浴びたりしながら作業をすることを好む方も多いでしょう。

屋外にはWi-Fiやアダプタがないため利便性には欠けますが、オフラインでできる作業をする際は驚くほど捗ります。ここでは、徳島県で絶景を見ながら作業ができるおすすめのスポットを3つご紹介します。

塩塚高原展望台

1つ目にご紹介したい絶景スポットは、徳島県三好市の山城町(やましろちょう)にある「塩塚高原展望台」です。塩塚高原の“塩塚”はもともと愛媛で呼ばれていた名前で、徳島ではドウメキ山と呼ばれていたともいわれています。展望台頂上の絶景のパノラマが眺められる場所には机や椅子が備え付けられている屋根付きの小屋が建っており、絶好の作業スペースとなっています。
特に夕方陽が沈む景色は息を飲むほどの美しさです。

そんな塩塚高原へ向かうには対向するのが困難なほど細い山道を通る必要がありますが、展望台近くまで道があるため車で向かうことができます。塩塚高原キャンプ場に車を駐車し展望台まで徒歩で向かえば自然の空気を思いっきり吸い込むことができるため、仕事のスイッチをオンにすることができます。

眉山

2つ目にご紹介したい絶景スポットは、徳島市のシンボルであり映画にもなった「眉山」です。山の形がなだらかな眉の形に見えるため「眉山」と呼ばれるようになりました。標高270メートルの山頂は、徳島市内を一望することができる特等席です。展望台には室内と室外両方にベンチがあるので、雨天の時でも雨に濡れずに街並みを見ながら作業することができます。

夜に見られる夜景は昼間の風景とガラリと変わりとても綺麗なので、せっかく行くのであれば作業後に夜景を堪能して帰ることをおすすめします。

鳴門公園

3つ目にご紹介したい絶景スポットは徳島県鳴門市に位置する、白く聳え立つ鳴門海峡大橋が目の前に拝める「鳴門公園」です。「鳴門公園」は瀬戸内海国立公園のひとつとして数えられており、園内には3つの展望台があります。

中でも千畳敷展望台のベンチからは大きくて美しい鳴門海峡大橋や青い海を存分に満喫できるので、インスピレーションを受けられる場所としておすすめです

リフレッシュに訪れたい穴場スポット

徳島は自然が豊かな県だとご紹介しましたが、その場にいるだけでマイナスイオンを感じられ、疲れを吹き飛ばれせるようなリフレッシュにおすすめなスポットをご紹介します。

四国三郎の郷

まず1つ目にご紹介したいスポットは知る人ぞ知る穴場スポット「四国三郎の郷(しこくさぶろうのさと)」です。

徳島県美馬市にあるキャンプ場で、2019年には「にし阿波の花火 全国花火師競技大会」が開催されました。南北を山に挟まれた自然豊かな場所なので、空気が澄んでいてリフレッシュにおすすめな場所です。

大歩危・小歩危

2つ目にご紹介したいスポットは「大歩危・小歩危」という渓谷で、「おおぼけ・こぼけ」という面白い読み方をします。この渓谷は2億年の時を経て吉野川の激流によって側面が削り取られた全長約8キロにも及ぶ渓谷です。

そんな「大歩危・小歩危」は、世界的なラフティングの名所にもなっており、ラフティング世界選手権の開催地としても知られています。自然が創り出した美しい模様や吉野川を流れる激流の音を聞くことで、良いリフレッシュができるでしょう。

剣山

3つ目にご紹介したいスポットは「剣山(つるぎさん)」という、徳島県三好市、美馬市、那賀郡の間に位置する徳島県の最高峰の山です。標高は1,955mで日本百名山の一つに選定されています。

登山口の見ノ越から西島までを結ぶ登山リフトが運行しており、15分で登ることができ簡単にアクセス可能です。季節によって全く異なる景色を望むことができるので、いつ訪れても楽しめる場所です。

吉野川

4つ目にご紹介したいのが、「吉野川」という高知県と徳島県を流れる一級河川です。吉野川は上記でご紹介した「大歩危・小歩危」から徳島市内に向かって徳島を横断するように流れています。

水質が綺麗でとても澄んでおり、山の緑と川の青のコントラストは本当にきれいです。眺めているだけで心が浄化される癒しのスポットです。