logo

CATEGORY

大通駅徒歩約1分!札幌のコワーキングカフェ&バー「大人座」を徹底レポ

パソコンがあればいつでもどこでも仕事ができるのがトラベルワークの良いところ。美味しいグルメや広大な自然を求めて、北海道でワーケーションをしてみたいというトラベルワーカーも多いのではないでしょうか?
今回は、北海道出身の筆者が実際に札幌まで足を運び、「大人座」のコワーキング&カフェタイムを利用してきたので、その様子をお伝えします!

札幌市営地下鉄 大通駅で下車

「大人座」は札幌市営地下鉄大通駅37番出口から徒歩1分ほどの場所にあります。大通駅は札幌市営地下鉄の中で、唯一東豊線、南北線、東西線の3路線がすべて通っている駅。札幌市内外からの移動も便利です。

また、大通駅よりは少し離れますが、大人座へはJR札幌駅からも徒歩15分ほどでアクセスできます。札幌駅から大人座へ向かう道には大通公園や札幌テレビ塔などの有名な観光スポットも。今回訪れた日は近くの中島公園で毎年恒例の「札幌まつり」が開催されていて、市内はお昼から人でにぎわっていました。

ビル内のコワーキングスペースということで少し迷いましたが、お店の看板を発見!本日の目的地に到着しました。

施設情報

 
住所: 北海道札幌市中央区南1条西1丁目3 板谷ビル8階
アクセス:札幌市営地下鉄 大通駅37番出口から徒歩1分
コワーキングカフェタイム:10時~19時
定休日 :不定休作業スペース:100席以上
電源有無:電源あり
Wi-Fi有無:全席Wi-Fi利用可
喫煙:不可

昼はコワーキングカフェ、夜は会員制のバーとして営業

大人座をコワーキングスペースとして利用できるのは日中だけ。料金は〜2時間、2〜4時間、1day利用の3パターンで分けられています。カフェのみの場合は、2時間以内の利用が可能です。
加えて、さらにお得な月額料金、「大人座マフィア」というプランもあります。

【コワーキングカフェタイム】10:00~19:00 ※ワンドリンク付き

利用時間料金
0~2時間600円
2~4時間1,000円
1day2,000円

【大人座マフィア】
・入会金 3,000円
・会費 10,000円/1か月
・特典
コワーキングカフェタイム 利用無料
コワーキングカフェタイム
フリードリンク(指定ドリンクのみ)
テイクアウトメニュー100円OFF
バータイム座代無料
店内貸切特別価格
メンバー限定チャット
イベント共催やSNSシェア
大人座オリジナルマグカッププレゼント

引用:大人座公式HP

コワーキングスペースは10時〜19時に利用でき、そのあとは会員制のバーとして営業しています。実は系列で札幌市内に「DRIVE」というコワーキングスペースがあり、そちらは平日は9時〜21時、土日は9時~18時に利用可能です。大通駅からは徒歩3分、札幌駅からは徒歩10分のところにあり、大人座からも歩いて行くことができます。

あとから聞くと、大人座はコワーキング利用よりもカフェ利用のお客さんの方が多いそう。反対にDRIVEは規模も大きく、より仕事向けのコワーキングスペースになっているとのことでした。

大人座の魅力は、店内のお洒落な雰囲気とこだわりのコーヒーやスイーツを楽しめること。SNSで「#大人座」と調べるとインスタ映えな投稿がたくさんアップされていました。
今回は時間の都合で行けませんでしたが、次はぜひDRIVEの方にも伺いたいです。

北海道らしい木のぬくもりが感じられる内装!遊び心のある仕掛けも

エレベーターを下りると入口にはちょっとした仕掛けが。

ここから先はネタバレになるかもしれないので実際に訪れてみてからのお楽しみです。
先に言っておくと、騙されてもムカつかないのが多分、大人です。

この日は平日の10時過ぎに到着しましたが、店内にはすでにお客さんが何組かいました。お店の人気メニューは11時からのフレンチトーストのようです。
今回は一人での利用だったので窓側のカウンター席で仕事をすることにしました。光が差し込んで綺麗です。
店内では全席Wi-Fiが利用できます。

カフェとしても人気な大人座ではドリンクメニューが充実。コワーキング利用の場合は料金の中にワンドリンクが含まれています。
オリジナルブレンドやカフェラテなどのコーヒーだけでなく、お茶やソフトドリンクの種類も豊富でした。

面白いのが、スタッフが一人ひとり考案したドリンクもあるところ。考案したスタッフ本人が出勤しているときにしか飲めないので、自分の飲みたいドリンクが飲めるかどうかは運任せ。店内にもメニューにも散りばめられている遊び心が素敵です。

今回はカフェラテのアイスを注文しました。グラスの絶妙な形と、上に乗ったもこもこのフォームミルクが可愛くて、写真映えもばっちり◎飲みやすい口当たりでとっても美味しかったです。

また、あとから注文したガトーショコラも絶品でした。中に入ったザクザクのナッツの歯応えと濃厚なショコラが、落ちかけた集中力を救ってくれました。
持ち込み飲食はできませんが、デザートや軽食のメニューもあるので小腹が空いても大丈夫です。

内装には北海道を代表する樹木「白樺」が使われていたり、壁に鹿のオブジェがあったり鷲の絵が描かれていたりと北海道らしさがあふれています。

広い店内ではないものの、ソファ席やおひとり様席など席のレイアウトがさまざまで、カフェ利用の方もコワーキング利用の方も過ごしやすい空間です。

ソファに座りながらおしゃべりするのも良し、窓際の席で読書したり仕事したりするのも良し、一人でも複数でも安心して利用できます。

北海道のクリエイターたちが集う拠点

大人座は、株式会社大人が事業の一環として運営するカフェ&バーです。「北海道から、世界をちょっぴり面白くクリエイティブに」というビジョンで、札幌に移住したい人を支援する事業や、北海道をはじめとした全国の美しい景色が舞台のオーダーメイドのウェディング事業などを展開しています。
コワーキングスペースもその中の事業のひとつ。現在は札幌市内で「大人座」と「DRIVE」の2つのコワーキングスペースを運営しています。

店長の佐藤さんにお話を伺う中で感じたのは、大人座では人の「つながり」を大切にしているということ。偶然大人座に集まった人同士で新たな出会いがあって関係が続いたり、会話の中から新しい事業が生まれたりすることも多いそうです。

実際、コロナ禍に伊達時代村や江別の蔦屋書店など北海道各地で開催した「あしたのしあたあ」というドライブインシアターのイベントは、大人座に集まった人のアイデアから生まれたものです。コロナ禍で外出が制限される中でも北海道の人が楽しめるイベントを創りたいという想いから実現しました。

「大人座」には全国のフリーランスや起業家の方々が集まるといいます。ただ仕事するだけのコワーキングスペースというよりは、「北海道のために何かしたい」と考える人が集まり、そこから何か面白いことが始まる原点ともいえそうです。

筆者後記

取材日には10時から17時まで1dayで利用しました。カフェならではの静かすぎない空間の居心地が良く、集中して仕事ができました。
さまざまなコワーキングスペースを利用、取材してきた中で、大人座は特に人と人とのつながりや交流が深い場所だと感じます。仕事を全力で楽しむクリエイティブな大人たちが集まるインスピレーションあふれる拠点でした。

ここで集まった人たちからまたさまざまなアイデアが生まれて北海道を盛り上げていくと思うと、北海道出身のひとりとして陰ながらとても楽しみです!

札幌駅や大通駅周辺は買い物もしやすく、有名な歓楽街「すすきの」や「狸小路」に行けば美味しい飲食店が山ほどあります。トラベルワークついでに札幌時計台や大通公園などの観光スポットを訪れたり、夜は札幌の夜を楽しんだりと北海道を楽しんでみてはいかがでしょうか?(筆者も取材終わりに美味しいクラフトビールのお店と日本酒のお店をはしごして来ました!)
「大人座」さん、ご対応いただいた店長の佐藤さん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました!

記事一覧へ戻る
top