働き方をアップデートするメディア

【名古屋で作業】金山、栄、新栄のおすすめブックカフェをご紹介!

PCとカフェ

名古屋で作業をするとき、場所に悩む人は多いのではないでしょうか。駅から近いカフェやレストランは混雑しているところが多いし、かといって郊外の方は駅から遠くて行きづらいですよね。

そこで今回は、駅から近く、落ち着いた雰囲気で作業がしやすい穴場のカフェをご紹介します。今回ご紹介するエリアは名古屋駅から2駅のところに位置する金山、遊ぶ時の定番スポットである栄、栄のすぐ東側にある新栄の3つです。ぜひ、名古屋で作業をするときの参考にしてくださいね。

金山にあるカフェ、MARI CAFE (マリカフェ)

MARI CAFEの外装

まず名古屋の作業スポットとしておすすめするのは、金山駅の南口から徒歩で約3分のところにあるカフェ、MARI CAFE(マリカフェ)です。

以前は磨里書房という書店でしたが、数年前からカフェとして営業を開始しました。写真の建物右半分がマリカフェで、左側は伊神切手社という金券ショップになっています。同じ建物内ですが本棚で仕切られているため、人の出入りはさほど気になりません。

もう一つ特徴的な点が、通常の営業時間は10時から23時と、夜遅くまで利用できることです。仕事が終わった後に夜ご飯を食べて、ゆっくり読書までできる余裕があります。

※感染症の影響で営業時間が短縮されることがあるためご注意ください

嬉しいサービスと設備が充実

店に入ってまず、レジで注文とお会計をします。その後、好きな席に座ると店員さんが注文したものを運んできてくれます。

水はセルフサービスで、デトックスウォーターが置かれています。他には荷物を置くためのボックスと、ブランケットを自由に使用することができます。もちろん店内にはWi-Fiが完備されており、カウンター席にはコンセントもあるので、PC作業をするにはぴったりの環境です。

おいしいドリンクで作業も進む

MARI CAFEのコーヒー

作業をするときには飲み物が付き物ですよね。

マリカフェでは、コーヒーや紅茶、ジュース、フルーツ酢など、ドリンクメニューが豊富です。上の写真はキャラメルナッツオレです。オーナーさんが砂糖をつけるか聞いてくださったので、いただくことにしました。とても気さくで、他のお客さんと楽しそうに話している姿が印象的でした。

店内にある本を自由に読むことができる

MARI CAFEの本一覧

店内にはオシャレな棚に、たくさんの本や置物が置かれています。これらの本は自由に手に取って読むことができ、購入することもできます。作業の合間の休憩時間に読んでみるのもいいのではないでしょうか。

本だけでなく文房具なども販売しているので、作業に必要なものをその場で購入できていいですね。一点、作業場所として利用するときに注意したいのが、利用できる時間が日によって変わる点です。

こちらのカフェでは、イベントが開催されたり貸切営業がされたりということがあります。とくに現在は感染症の影響で、営業時間が変更されることも少なくありません。Instagramで営業情報が出ていることがあるので、訪れる前に一度確認することをおすすめします。

栄にあるブックカフェ、Carlova360 NAGOYA (カルロバ名古屋)

Carlova360 NAGOYA

続いてご紹介するのは、矢場町駅から徒歩で約3分の名古屋パルコ東館4Fにある、Carlova 360です。Wi-Fiが完備されており、コンセントが設置されている席もあります。

パルコの中にありますが他のフロアの賑わいのある店とは少し違い、時間がゆっくりと流れているような落ち着きのある店です。こちらのカフェは、「ブックカフェ」というより「本屋とカフェが隣接している」という表現の方が、店内のイメージに合っているかもしれません。

Carlova360 NAGOYAの内装

以前は店内の本を持ち込んで読むことができましたが、現在は感染症対策のため、購入前の本の持ち込みはできないとの注意書きがされています。本を購入してその場で読むか、自宅から持ってきた本を読むのが良さそうですね。

※現在の運営形態については、店舗にご確認ください

メニューや本だけでなく、雑貨の種類も豊富

Carlova360 NAGOYA近くの本屋
Carlova360 NAGOYAの本屋

カフェではトーストに好きなトッピングをカスタマイズできるメニューがあったり、本屋では小説や漫画、雑誌、エッセイなど様々な分野の本が販売されたりしていますが、雑貨も充実しています。

スヌーピーやドラえもんなどのキャラクターものからシンプルで使いやすいものまで、雑貨の種類が豊富で見るだけでも楽しむことができます。シンプルで可愛い雑貨が多いので、ギフトを選ぶときにもおすすめです。

新栄にあるノンフィクション専門のブックカフェ、CENTRE (センター)

CENTREの外装

最後にご紹介するのは、地下鉄新栄町駅から徒歩約3分のところにある、CENTRE (センター)です。

フレックスビル東館1F、新栄郵便局の横にあります。2020年7月にオープンしたカフェで、店内がとても綺麗です。メニューはコーヒーやジュースなどのドリンクの他に、ホットサンドやサラダ、クラフトビールがあります。

アルコールや一部商品を除いてテイクアウトをすることもできるので、店内が混雑しているときは家でカフェの食事を楽しむことができます。

CENTREのドリンク

写真はアイスキャラメルラテです。上にのっているクリームは少し固めで溶けにくいので、2時間程滞在しましたが最後までドリンクを楽しむことができました。

自分の世界に入り込める空間

CENTREの内装

こちらのカフェも、最初にご紹介した金山にあるマリカフェと同様に店内の本を自由に手に取って読むことができ、購入することも可能です。

店内は色味がブラウンで統一されており、とても落ち着いています。店員さんも和やかな雰囲気で、初めて来店する方でも安心して利用することができそうです。1人の方が多く、PC作業をしたり読書をしたりと各々集中して取り組んでいるようでした。

さらにカウンター席、ソファ席、BIGテーブル席すべてに電源コンセントがあるため、自分で好きな作業場所を選ぶことができます。外の歩道の方を向いているガラス張りの席では道を歩いている人が目に入ってくるので、「人に見られている」と感じた方が作業が捗る人にとってはぴったりな場所なのではないでしょうか。

先にご紹介した他の2つのカフェと比較すると、長時間作業に没頭したいときにおすすめのカフェだといえそうです。

自分に合った作業スポットを見つけよう

今回は、金山、栄、新栄エリアのおすすめ作業スポットを3つご紹介しました。どのカフェも落ち着いていますがそれぞれ特徴があり、作業内容によって使い分けをしたいですね。

名古屋周辺で作業をする場所を探している方は、ぜひ一度行ってみてください。