働き方をアップデートするメディア

SHElikesの評判やメリットデメリット!こんな人におすすめ!

SNSを巡回していると、「#SHElikes」「#SHEメイト」「#シーママ」といったハッシュタグを見かけます。
調べてみたところ、どうやら話題のオンラインスクールのようです。数々のメディアで紹介されたこともあるSHElikesでは、どのような学びがあるのでしょうか。
今回はインターネットの評判からメリットデメリット、受講をおすすめする人物像などについて解説します。

SNSで話題の「SHElikes」とは?

この投稿をInstagramで見る

SHElikes #シーライクス(@she_officials)がシェアした投稿

SHElikesとは、オンラインで受講ができるクリエイター育成スクールです。Webデザイナー、Webライターといったクリエイティブな職業に就くためのレッスンはもちろん、カメラの扱い方や仕事の見つけ方まで、クリエイターに必要な技術を幅広くサポートしてくれます。
加えてSHElikesの大きな特徴と言えるのが、女性専用である、という点です。
サイトを開いてみればふわふわキラキラの女子カラー満載。視覚的なイメージや雰囲気で女性がWeb業界へ抱く心理的ハードルを下げているだけでなく、女性が気軽に受講ができるような工夫が、さまざまな観点から成されています。

料金体制

SHElikesが「気軽にレッスンを受けられる」とされている大きな理由が、料金体制にあります。

SHElikesで行うレッスンには「受講し放題コース」があり、選んだ受講期間に沿った金額を支払うことで、月に何度でも好きなタイミングでレッスンを受けられます。

受け放題プラン 
12か月プラン月額12,334円
6か月プラン月額14,134円
1か月プラン14,800円
+入会金148,000円

5回まで受講ができる、という回数制限付きで価格を抑えたプランも用意されており、ライフスタイルや予算に合った学び方が選択可能です。

月5回プラン 
12か月プラン月額8,167円
6か月プラン月額9,134円
1か月プラン9,800円
+入会金148,000円

参考:SHElikes

1つのコースの修了までかかる時間

選べるコースの数は、2021年11月現在で27種類あります。

SHElikesのコース画面
画像参照元: 「SHElikes

さらに今後も増えていく予定のため、ますます将来の選択肢の幅が広げられるでしょう。
気になるのが、1つのコースをどの程度で修了できるのか?という点です。選択したコースにもよりますが、早ければ全工程を2時間程度で終わらせられるレッスンもあります。長いものであっても13時間ほど。1つのレッスン修了までに時間をかけず学べるのも、気軽に受講ができる理由と言えるでしょう。

「SHElikes」のメリット

ここからはSHElikesのメリットについて触れてみます。入会を迷っている人は、参考にしてみてください。

完全未経験でもOK

PCと女性の手

SHElikesのレッスン内容は、Web業界に関わるものがほとんどです。そのため「ある程度PCやインターネットの知識が必要そう」と思ってしまうのではないでしょうか。
実際はPC初心者の受講者も珍しくないようで、スタート時のレベルは個人で差があると言えます。しかしSHElikesはグループレッスンではなく個々で受講をするシステムです。他の人の足を引っ張る心配はないため、自分のペースで少しずつパソコンの扱い方やインターネット知識をつけていけばOK。完全未経験でも焦ることなく、ゆっくりと学べそうです

目標に対して柔軟な受講が可能

SHElikesの特徴である受講し放題コースは、目標に対して柔軟な学びを提供してくれます。
たとえばWebライターになりたい場合、正しいライティングの知識だけでなくWordpressが使えることや、写真撮影の技術などが求められる場合がありますよね。
通常のオンラインレッスンであればそれぞれの授業に対し費用がかかるのが一般的ですが、SHElikesの受講し放題コースであれば1回の料金ですべてを学ぶことができます。金銭に関する負担が少ないのは、大きなメリットと言えるでしょう。

最短2か月で修了可能

受講時間の短さも、SHElikesの魅力です。修了までの期間が長すぎると目標を達成する前に意思が続かなくなり、挫折をしてしまう可能性が大いにあります。
SHElikesの場合、目標までの道筋がシンプルです。サっと短時間で必要なことを学ぶことができ、ポートフォリオを作って仕事獲得するまでをサポートしてもらえます。
スタートからゴールまでの流れに無駄がないため、合理性を好む現代の女性にぴったりのスクールと言えます。

同世代の女性と繋がれる

SNSアイコンのイラスト

SHElikesは受講者同士の交流が盛んです。SNSのハッシュタグで繋がったり用意されているSlackのコミュニティでやりとりをしたりと、仲間意識が強い傾向です。
お互いに励ましあったり刺激しあったりすることができるため、1人で黙々と学ぶのが苦手な人にもおすすめといえるでしょう。

「SHElikes」のデメリット

ここからはインターネットでリサーチをした内容をもとに、SHElikesのデメリットについてご紹介します。

マンツーマンレッスンではない

女性とPC

SHElikesのレッスンは、録画されているビデオを見て学ぶのが基本です。
マンツーマンのレッスンではないため、わからないことがあっても自分で解決策を導き出すしかありません。インターネットで調べるかコミュニティで質問をする、もしくは定期的に行われるコーチング会で講師に質問をするといったように、その場での解決は難しいです。
自力で調べることでより身になることもありますが、インターネットリサーチが苦手な人や独学が得意でない人、インターネットでのコミュニケーションを避けたい人などは、苦戦を強いられるシーンもあるでしょう。

学べるのは基本的な内容がメイン

SHElikesで1つのことについて学べる時間は、長くありません。そのため受講できる内容は基本的なことがメインです。サクッと必要なことだけを効率よく学べるのはメリットではあるものの、応用的な内容まで幅広く学びたい人にとってはデメリットとなるでしょう。

休会の条件は厳しめ

女性の手と財布

SHElikesはモチベーション維持の体制に力を入れていますが、人によっては挫折したくなることもあります。しかしいざ休会をしようと思っても、休会の条件はやや厳しめです。
まず、1か月プランを選択しているうえに、6か月継続で利用していないと休会は不可とされています。つまり6か月以内に休会したい場合には、約1万6,000円を無駄にすることになります。
フリーランスが1万6,000円を稼ぐのは簡単なことではないため、モチベーション維持やスケジュール調整には力を入れたほうが良いでしょう。

「SHElikes」はこんな人におすすめ!

「自分はSHElikesを続けられるかしら」と不安になる人もいることでしょう。
そこで実際にWeb業界のフリーランスである筆者の観点から、SHElikesをおすすめできる人物像を解説します。

PC・Web関連が苦手な人

女性とPC

SHElikesのレッスンの中身を確認してみると、「独学でも学べそうな内容もある」というのが正直な感想です。しかしそれは、筆者がすでにWeb業界に身を置いているためそう感じるのでしょう。
PCやWeb関連が苦手な人・調べるのが苦手な人にとって、知らないジャンルの独学は困難です。どのようにインターネットで学べば良いのか、どんな本を買えば良いのか、勉強方法を調べるだけでも時間がかかります。手軽に基礎的な知識をつけたい、という方にとってSHElikesは役立つでしょう。

「自分のなりたい姿」がはっきりしている人

SHElikesの1つのジャンルとそれに付随する枝となる部分を学べるシステムは、「自分のなりたい姿」がはっきりしている人にとって有効といえるでしょう。就きたい仕事に必要な知識の基礎を総合的に学べるため、効率よく将来のビジョンに向かって進むことができます。

他人と自分を比較しない人

吹き出しと女性

SHElikesでは定期的にグループでのフィードバックが行われたり、Slackのコミュニティで自分の作品を評価してもらったり、といったことがあります。
褒めてもらえれば良いですが、時にはグサリとささる言葉をもらうことや他人の出来栄えと自分の作品を比較してしまうことで、落ち込む場合もあるでしょう。中にはそのまま「自分にはできない」と思ってしまい、退会をする人もいるようです。
自分のペースを乱さずコツコツと頑張れる強さを持った人であれば、マイナス意見や他人の作品から受けた刺激を、プラスに変えられるでしょう。

自主的に活動ができる人

SHElikesで学んだ全員がすぐに仕事に就ける、というわけではありません。仮に仕事に就けたとしても、実践で応用するにはそれなりの技術が必要といえるでしょう。
そのため、SHElikesで受講している間も学びの姿勢を忘れないことが大切です。SHElikesで得た経験や知識をベースにして自主学習をしたり応用をしてみたりすることで、修了後の可能性が広がると考えられます。

「SHElikes」を活かせるかは自分次第

女性の手とPC

SHElikesでの学びを活かせるかは、最終的に自分次第だといえます。とはいえ、クリエイティブ性が求められるWeb業界で活躍をしたいのであれば、チャレンジ精神はとても大切な要素。迷っている方は思い切って無料の体験レッスンから始めて、継続の有無を判断してみてはいかがでしょうか。やりたいことに関する勉強は、想像以上に楽しいものですよ。