働き方をアップデートするメディア

在宅主婦ライターおすすめ!作業効率UPグッズ9選

デスクとpc

コロナ禍を経て、在宅ワークが一般化しました。しかし主婦ライター歴5年の筆者は、もうずっと在宅ワーカーの身。

「もっと家での仕事環境を快適にして集中したい!」という気持ちは、コロナ禍が始まった最近ではなく、5年前から持ち続けています。そんな筆者がいろいろ試して、「これだけは在宅ワーカーには手放せない」と思ったグッズは全部で9個!

今回はその9個をすべて紹介しますので、在宅ワークの環境を整えて集中力アップをはかりたい方は参考にしてみてください。

IKEAのBluetoothスピーカー

IKEAのBluetoothスピーカー

誰もいない家の中で仕事をしていると、とても静かです。静かすぎて、少し寂しくなることもあります。

そんなスピーカーからおしゃれな音楽が流れていれば、寂しい空間が「おひとり様の落ち着いた空間」に早がわり。壁にかけられるIKEAのBluetoothスピーカー「ENEBY」は、卓上の小さなスピーカーよりも空間全体を音で包んでくれます。

カフェっぽい音楽を流して集中力を上げたり、バリ風音楽でリラックスをしながら作業をしたり。楽しく快適に仕事をするために、音楽を活用しています。

サブスクサービス(画像作成・校正ツール)

スピーカーから流す音楽も、休憩中に見る映画やアニメも、スマホで読む漫画も、すべてサブスクリプションサービスによるもの。

もしサブスクがなくなったら、在宅ワークでのストレス解消方法が激減します。さらに娯楽目的以外にも、サブスクは仕事効率化において欠かせません。たとえば画像作成に便利なCanvaを導入してからは、アイキャッチや記事内の挿入画像の作成にかかる時間が1/10くらいに減りました。

加えて、文章校正ツールのMOJI−KAはライターには手放せないサブスクサービス。「コンピューターがここまで気づく?」と言えるくらいこまかな文章校正をしてくれるうえに、構成作りをサポートする機能もついています。

耳栓

耳栓

子供が小学校を終えて帰ってくれば、素敵な仕事空間は終了です。それだけでなく、子供特有のひとり言、テレビやゲームの音によって集中力が削がれてしまうことも。

そんな時はスピーカーの電源はオフにして、耳栓にチェンジしています。耳栓をすると音が遠くなるため、雑音も心地よい生活音程度に感じられます。

しかし耳栓をつけると、耳の中が荒れたり痒くなったりすることも。筆者の場合は、シリコンタイプの「耳の穴に入れず、耳に蓋をする」タイプの耳栓を使用しています。耳の穴の中に入れないため、皮膚がかぶれることは今のところありません。

デュアルディスプレイ

デュアルディスプレイ

在宅ワークを5年続けてしみじみ実感したのが、「ディスプレイは多ければ多いほど良い」というものです。

たとえばブラウザを開きながら文章作成をしたい場合、モニターが1台だけではブラウザとWordの切り替えが面倒でした。デュアルディスプレイにしてからは左の画面でブラウザを、メインモニターでWordを開けるため、調べものをしながらの執筆がサクサク進みます。

そのほかにも、デュアルディスプレイにはメリットが豊富です。

ライター仲間とチャットをしながら仕事ができる
・動画を再生しながら仕事ができる
・違う画面で文章チェックをすることで、新鮮に思えて間違いに気づける
・窓をたくさん開ける

モニター1台で作業をしている方は、ぜひもう1台モニターを増やしてみてください。「なぜもっと早く導入しなかったのか」と思えるほど、作業が効率化しますよ。

サーモスの真空断熱タンブラー

サーモスの断熱タンブラー

筆者はかつて仕事に集中しすぎて水分を摂るのを忘れてしまい体調を崩した経験があり、仕事中はなるべく意識して水分補給をするように心がけています。

しかし「氷を入れた飲み物は氷が溶けて薄まってしまうのがイヤ」「温かい飲み物がぬるくなったのも飲みたくない」というこだわりがありました。

そこで重宝しているのがサーモスのタンブラー。保温・保冷機能がついていて、時間が経過しても冷たい飲み物・温かい飲み物の温度に大きな変化は生じず、飲み物を美味しい状態で楽しめる優れものです。

肩こり緩和の温熱ベルト

肩こり緩和の温熱ベルト

在宅ワーカーは肩に悩みを抱えがち。肩こり解消方法はいろいろありますが、私の場合は温めると痛みが緩和されることに気づきました。

そこで導入したのが、この温熱ベルトです。

保冷剤と似たパックをカバーに入れただけの非常にシンプルな構造ですが、首に巻くと肩がお風呂に入っている時のように、ポカポカと温まってきます。

電子レンジで約2分加熱すれば温められるという手軽さも、優れた点です。肩が痛くなってきたなと感じたらすぐに電子レンジに放り込み、肩に巻き付けた状態で仕事をしています。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

1日中モニターを眺めていると、夜には眼精疲労が襲ってきます。寝る前に少し温めるだけで次の日ラクになるのがわかってからは、こちらの蒸気でホットアイマスクが手放せなくなりました。

使い捨てのため少し勿体無い気もしますが、袋から出せばすぐにじんわり暖かくなる手軽さは、寝るギリギリまで忙しい主婦ライターにはありがたいです。

ゆずやラベンダーなどさまざまな香りがあるため、寝る前のリラックスタイムにうってつけ。心地よさにうっかりつけたまま寝てしまいそうになりますが、低温やけどやかぶれの危険性もあるため注意をしてください。

フットレスト

フットレスト

筆者の場合は、床マットを積み重ねただけのものをフットレストとして活用しています。どんな形であれ、フットレストはあると便利です。足のおさまりが良くなり姿勢が正されるため、座り仕事による負担が軽くなります。

「つい椅子の上で正座やあぐらをかいてしまう」という方は、椅子の高さに不快感を覚えているのかもしれません。思い当たる場合は、ぜひフットレストの導入を検討してみてください。

アウトドアチェア

アウトドアチェア

1日中部屋に篭りっぱなしだと気が滅入ってしまうため、時には日の光を浴びてリラックスをすることも大切です。とはいえ外に出るほどの時間もないし、コロナウイルスも気になりますよね。

アウトドアチェアはベランダや庭など、お外気分を味わいたい時に重宝します。ゴロリと寝転がって空や木を眺めていると、体も頭も目も、全身が癒されていくようです。

在宅ワークに必要なのは、優秀な機材や便利な電子機器だけではありません。ストレスは集中力アップの大敵。少しでも緩和するために、便利グッズの力を借りてみてください。きっと、より快適な在宅ワーク環境が整うはずですよ。