働き方をアップデートするメディア

【イラスト付】在宅ワークのストレスをDIYで解消!デスク周り・作業環境改善のアイデア

在宅ワークを推進する企業が増え、家で仕事をする日々が当たり前になっている方も多いのではないでしょうか。在宅ワークに慣れてきてルーティーンも確立しはじめた頃、同時に浮き彫りになるのが在宅ワークゆえのストレスです。

 変わらない日々、外出もしにくい日常、オフィスのように万全とは言いにくい仕事環境にイライラがたまっていませんか?

快適に在宅ワークができる、自分にぴったりの環境を作るにはDIYがおすすめ。 お金をかけず自分で自分のために、自分好みの仕事場を楽しみながら作ってみましょう。

在宅ワークにストレス

出社せずに家で仕事ができるぶん、気軽に感じる在宅ワーク。しかし実際は、誰とも会わずに1人で黙々と仕事をすること、子どものいる環境で作業を進めなくてはいけないことなど、家の中で仕事をする閉塞感にストレスを感じてしまいがちです。

外に出てリフレッシュができれば良いですが、小さな子がいたり外出自粛が求められたりで、ついこもってしまうケースも多いのではないでしょうか。
それならばDIYで家の中を今よりも快適にして、外に出なくても在宅仕事のストレス解消ができる環境を作ってみましょう。

デスク環境をDIYで整えよう

仕事をする場所はダイニングテーブル、という方も多いのではないでしょうか。
ダイニングテーブルでもたしかに仕事はできますが、家族の邪魔が入ったり食事のたびに片付けが必要だったりと、仕事環境に最適とは言い難いですよね。
仕事の効率化のためにも、まずは1人で集中できるデスク環境をDIYしてみましょう。

デスクをDIYで作成

デスクをDIYするなら、ソーホースや既製品のテーブル脚を使うと便利。脚に天板を乗せるだけで、簡単におしゃれなデスクが完成します。
もっと手軽に作るなら、今家にある既製品にプラスアルファの簡単DIYをする方法もアリです。

こちらは市販のデスクに、引き出し用の板を取り付けただけの簡単DIY。引き出し部分があることで、紙類やタブレットなどの収納ができます。
たったこれだけの付け足しでも、ぐっとデスク周りの使い勝手が良くなります。

スタンディングデスクもあると便利

オフィスで働いていた頃は休憩の際に休憩室に行ったりカフェに出たり、姿勢を変化させる機会があったのではないでしょうか。しかし在宅ワークでは人の目がないことから、デスクでそのまま食事をしたり、休憩中もその場でインターネットを楽しんだりと、一か所に座りっぱなしになりがちです。

仕事用のデスクとは別にスタンディングデスクがあると、意識して姿勢を変えられます。
たとえばトイレに立ったら、そのままスタンディングデスクにノートパソコンを移動して仕事をする、といった感じです。スタンディングデスクはDIYで作っても良いですが、手間をかけたくない方は棚やチェストをスタンディングデスクとして活用してみてください。

本棚は棚受け+木板でDIY

仕事中に資料が必要になったとき、わざわざ本棚まで立ち上がるのは面倒ですよね。本棚もDIYでデスク横に作ってみましょう。画像の本棚は、大きめの棚受けを壁に打ち付け、その上に板を乗せただけのタイプ。

デスクと同じ高さにすることで、L字デスクとして兼用もできます。たくさんの本は乗せられませんが、仕事で使うメイン資料程度であれば充分なサイズです。

賃貸に住んでいる場合は壁に穴をあけるわけにはいかないため、ラブリコやディアウォールといったDIYアイテムを使うのがおすすめ。ラブリコorディアウォールはSPF材をはめ込むことで、簡易的な柱が作れる製品です。こちらを使って柱に棚受けと板を取り付ければ、壁に穴をあけずに本棚を作ることができます。

在宅ワークのランチは「おうちカフェ」で 雰囲気アップのDIY

在宅ワークだからついパジャマのまま仕事をしてしまう……という方もいるのではないでしょうか。
カフェに行きたい気もするけれど、そのためだけに支度をするのも億劫だしカフェまでの移動時間ももったいない、そもそもコアタイムがあるため出かける時間が限られてしまう、というケースも多いでしょう。

それならば、外に出なくてもカフェ気分を楽しめる工夫をしてみましょう。ここでは、おうちカフェを充実させるためのDIY方法をいくつかご紹介します。

カフェグッズをDIY

カフェ気分がアップするアイテムの中でも、普段のインテリアとしても映え、使い勝手も良いのがカフェトレーです。市販品をそのまま使っても良いですが、DIYで作ったオリジナルのカフェトレーでのおうちカフェは楽しさもひとしお。

カフェトレー自体は100均でも販売されています。タイルシールや塗装をして、お好みのカフェトレーを作ってみましょう。100均のまな板に塗装と金具(かすがい)を取り付けて作るのもおすすめです。

グリーンを豊富にして生活感を減少

グリーンは家の中の生活感を減少させます。豊富に取り入れることで、緑豊かなガーデンカフェのような雰囲気に。

購入したグリーンをそのまま置いても良いですが、植木鉢に工夫をしたり吊したりと飾り方にプチDIYをプラスすると、よりおしゃれなカフェ風に近づけます。

フェイクグリーンでも良いですが、生きたグリーンにはリフレッシュ作用があるといわれています。そのため在宅ワークでストレスをためやすい場合は、本物のグリーンを置くのがおすすめです。

カフェ風の小物にもこだわりを

食器やランチョンマットといったテーブルコーディネートにもカフェらしさを演出してみましょう。
DIYでなくても、市販品のアイテムを使用するだけでかまいません。
大切なのは在宅ワークのストレスを解消することですので、お気に入りアイテムを集めて心地よいおうちカフェを実現しましょう。

在宅ワークでもノマド気分!ウッドデッキをDIY

在宅ワーカーは、いつでもノマドワークが可能です。しかし図書館やカフェは行き飽きてしまった……ということもあるでしょう。

そこでウッドデッキが自宅にあれば、お外気分のノマドワークが実現可能です。仕事以外にも夜はテラスとして晩酌を楽しむ、お子さんのいる家庭では子どもと仕事環境を切り離す場所とする、といった活用もできます。
ウッドデッキがあると、毎日に潤いがプラスされますよ。

既製品を使って手軽にDIY

ウッドデッキはDIYでも作成可能です。手間がかかるし素人には難しそうと感じますが、既製品を使えばとても簡単に安価にウッドデッキが仕上がります。

画像はインターネット通販で販売している、90cm×90cmのウッドデッキです。いくつか組み合わせて隙間部分に板を敷き詰めれば、ウッドデッキとして充分に機能します。

グランドカバーで砂埃をおさえる

ウッドデッキを快適にしても、庭の砂埃が舞っていては仕事どころではないですよね。グランドカバーでしっかり砂埃をおさえましょう。

グランドカバーには人工芝や防草シートなどがあります。そのほかにも、天然芝をはじめとする自然の草を生やせばグランドカバーになります。
見た目、手間、砂埃をおさえる機能性などのバランスを見て、好みのグランドカバーを取り入れてみましょう。

在宅ワークの息抜きに!庭をDIY

在宅ワークのストレス解消におすすめなのが、庭いじりです。
花を植えたり野菜を育てたり、自分だけのガーデニングを楽しんでみませんか。

レンガを並べて簡単花壇作り

花壇はレンガを並べて作れば安価で簡単、さらにおしゃれに仕上がります。レンガはホームセンターで1個100~200円程度で販売されており、同じ色・サイズのものをいくつも買ってすっきりまとめたり、それぞれをバラバラにしてスクラップ風にしたりするのもおしゃれ。

目指したいガーデニングの画像などから参考にするとやりやすいです。ちなみにレンガ同士はパテなどで固めるとより頑丈になりますが、素人DIYなら並べるだけでもOKです。

画像のレンガはデザインタイプを並べただけですが、崩れたことは一度もありません。

プランターや植木鉢でもOK

花壇を作るようなスペースがない場合、賃貸住まいの場合はプランターや植木鉢の活用がおすすめです。
プランターや植木鉢にペンキを塗ってDIYをし、おしゃれにベランダ・庭を彩ってみましょう。

生活感丸出しの室外機は隠す

ガーデニングをした素敵な庭において室外機は少し浮いた存在になってしまいますが、室外機カバーで隠すと庭にも馴染みやすくなります。
室外機カバーは市販でも販売されていますが、DIYでも製作可能です。
ラティスやすのこを組み合わせれば、初心者でも簡単におしゃれな室外機カバーを作ることができます。

DIYで在宅ワーク+暮らしを楽しめる環境作り

DIYの良い点は、お金をかけずに理想の環境を作れるという点です。在宅ワークはストレスもたまりやすく、その解消方法も見失ってしまいがち。DIYで楽しく自分に合った在宅ワーク環境を整えて、仕事の効率アップを実現してくださいね。