働き方をアップデートするメディア

【在宅ワーク】主婦Webライターの裏側…稼ぐために必要なものとリアルな苦悩

主婦の在宅ワークとして注目されている職業が、Webライターです。費用も特別な資格もいらない仕事なため、初心者でも気軽に始められます。

しかし継続することや充分に稼げるようになるまでの道のりは、簡単ではありません。とくに主婦の場合は在宅であるために家事や育児との両立を負担しなくてはならない、というプレッシャーやストレスがつきまといます。

そこで今回は、在宅主婦ライターが稼げるようになるために必要なスキルやリアルな苦悩を、現役在宅主婦ライターがご紹介します。

主婦が在宅Webライターをして稼げる額

主婦が在宅Webライターで稼げる金額は、最初のころは月に数千円程度である場合が多いです。時給にして500円程の仕事も少なくありません。

とはいえ仕事が軌道にのったりうまく単価を上げられたり、仕事量が増えたりすることで、月収のゼロの数も増えていきます。なかには、月100万円以上稼ぐ在宅主婦ライターもいるほどです。

しかし月100万円レベルのライターは、それ相応の時間や労力を割いています。「1日4時間労働、週休2日」というパートタイムでそれだけ稼ぐ人は少ないと考えてください。

短時間労働で月100万円以上稼げるライターは良質な記事を書けるために高い単価を得ているか、仕事量が多く執筆スピードが速いか、もしくはライティングとは別にコンサルティングやブログ経営で収入を得ているなどの可能性もあります。

初心者が純粋にライティングのみで稼ぐ金額としては、まずは一般的なパートタイムと同じ、時給1,000円から目指してみましょう。Webライターの仕事は簡単ではありませんが、外で働くのと同じ時給を自宅で獲得できるのであれば、仕事としての条件は決して悪くはないでしょう。ちなみに1時間で1,000円分の仕事をこなすには、1文字1円の仕事なら1,000文字の執筆が必要です。

この「主婦が在宅Webライターをして稼げる額」の項の最初からこの文章までがおよそ500文字ですので、その倍くらいの文章量を1時間で書ければOKです。

0.5円ならさらにその倍の量を、逆に2円であればここまでで1,000円に到達できます。

主婦の在宅Webライターの始め方

文章量を見て「時給1,000円くらいなら目指せそう」と思えた主婦の方、もしくは「できるかわからないけどとりあえずやってみよう」と思えた方。
どちらもまずはWebライターを始めてみないことには、自分のライティング能力は測れません。
主婦が在宅Webライターを始めるにあたり、「これだけは済ませておくべき」であることをご紹介します。

クラウドソーシングに登録

主婦が在宅Webライターを始めるのであれば、まずはクラウドソーシングに登録をしましょう。
「ランサーズ」「クラウドワークス」が、Webライターにとってメインのクラウドソーシングです。
プロフィールをしっかり埋めたら、さっそく「タスク案件」に応募してみましょう。
タスク案件とは、その場ですぐに引き受けられる仕事です。単価は安いですが応募条件や採用条件が優しい場合が多いため、初心者のファーストステップにおすすめです。
タスク案件をいくつかこなし実績が増えれば、プロジェクト案件にも自信を持って応募ができます。実績の多さが評価され採用に至るケースもあるため、はじめのうちはタスク案件をなるべく多くこなしていきましょう。

ブログを開設

クラウドソーシングと同時並行で進めたいのがブログの開設です。
ブログでは文章の書き方やサイト集客のハウツー、CMSの扱い方などWebライターに必要なスキルを自然に学べます。
またブログ自体がポートフォリオとなり、問い合わせフォームから仕事が来ることも珍しくありません。
Webライターとしての仕事量が増えてくるとブログまで手が回せなくなるため、仕事量も多くなく時間に余裕のある初期のうちに開設しておくのがおすすめです。

SNSを開始

ライターの基本知識を身につける方法としては独学も良いですが、SNSの活用がおすすめです。
先輩ライターたちが「初心者ライターに知っておいてほしいこと」「ライターとして必要なこと」といった内容を呟いています。
さまざまなライターが実際に経験してきた生きた情報は、初心者の在宅Webライターにとって市販のハウツー本と同等の価値があるでしょう。
リアルでWebライターと関わる機会の少ない人は、SNSを利用して先輩ライターと繋がり、ライターに必要な知識を勉強させてもらいましょう。

最初から稼げると思わない

Webライターのなかには「初月で10万円達成しました」という人もいますが、それに対して焦りを感じる必要はありません。
稼げるペースは人それぞれです。最初から自分も同じだけ稼げると思い込んでしまうと、稼げなかったときの落ち込みがひどくなり、自信もなくなってしまいます。
Webライターで稼ぐためには、Webライターとしての経験と継続が要(かなめ)。
あまり人の収益には惑わされずに自分なりのペースで勉強を進め、少しずつ仕事の機会を増やしていきましょう。

主婦が在宅Webライターで月10万以上稼ぐためのスキル

育児や家事をしなくてはならない主婦の在宅Webライターの場合、月数万円の収入から伸び悩んでいる人も多くいます。
時間に制限のある主婦の在宅Webライターが月10万円以上を稼ぐには、仕事の効率化が必要です。
月10万円以上を無理なく稼ぐために必要なスキルとは、どんなものなのでしょうか。

単価アップの「交渉術」

初心者Webライターのうちは、文字単価0.5円以下という仕事も少なくありません。しかし低単価で仕事を続けるのは効率が悪く、モチベーションも上がらないものです。
仕事に慣れてきて、記事品質も向上してきたらクライアントに単価交渉をしてみましょう。
単価交渉のコツは一方的に「金額を上げてほしい」と伝えるのではなく、「いかに自分が相手に貢献をしてきたか、さらに単価アップによって今後はどのような貢献をできるのか」を具体的に伝えることが大切です。
単価交渉は苦手というライターも多いですが、自分の記事に自信がありクライアントも満足しているようであれば、チャレンジしてみてください。

書く量を増やす「執筆スピード」

単価交渉術と並行してスキルアップしておきたいのが、執筆スピードです。タイピングのスピードも大切ですが、それよりも重要なのが「頭にどれだけ文章が思い浮かぶか」という点です。
頭にスッと文章が浮かぶ能力は、読書量や執筆量にも左右されるでしょう。日頃から文章の読み書きに触れておくと、執筆スピードも上がりやすくなるはずです。
たとえば、執筆するジャンルの記事を多く読み、そのうえで読んだ文章をそっくりそのままタイピングをする「写経」と呼ばれる勉強方法もおすすめです。
一字一字を打ち込むことで、その文の文章構成や単語が頭に入りやすくなり、表現の枠が広がって文章作成の能力向上に役立ちます。

Webに関する「マルチなスキル」

月にたくさん稼ぐWebライターの多くが、Webライティング以外の仕事も請け負っています。
たとえばコンサルティングやサイトデザイン、SNS代行などです。ライティングをメインに、さらにそれ以外の付加価値があると単価交渉もしやすく、仕事の機会も増えます。

未知のジャンルに応募する「チャレンジ精神」

ライターを続けていると、次第に自分の得意な執筆ジャンルがわかってきます。
得意ジャンルの執筆はもともと知識があるためリサーチの時間を短縮でき、効率が良いです。しかし仕事の幅を広げるには、未知のジャンルに手を伸ばすことも大切。
慣れていないジャンルは最初のうちはとても時間がかかり効率も悪いです。しかし数をこなせばこれまでの執筆で得た知識を活かした記事が作成でき、結果、未経験だったジャンルが得意ジャンルに変化する可能性が大いにあります。
執筆可能ジャンルは多ければ多いほど、Webライティングの仕事にあぶれることも少なくなるため、チャンスがあればぜひチャレンジしてみましょう。

仕事と情報を深追いできる「根気強さ」

Webライターにとって、根気強さはとても大切なスキルです。
情報を深掘りし読者に伝えられるか、読者がすんなり理解できる記事に仕上がっているかなど、根気よくリサーチと推敲を重ねなくてはなりません。
努力の結果がなかなか出ず、落ち込んでしまうこともあるでしょう。そこで諦めず再び頑張るためにも、根気強さは欠かせません。

隙間時間を勉強に変える「勤勉さ」

Webライターは情報を文字に起こす仕事です。そのため文章の書き方だけでなく、請け負うジャンルの業界知識や情報なども常にアップデートが必要です。
「子どもが寝たあとののんびり読書タイムには、仕事に活かせるような本を選んでいる」という主婦Webライターも少なくありません。

クライアントの信頼を得る「真面目さ」

Webライターの基本中の基本ともいえるルールが、「納期を守ること」「返信が早いこと」「レギュレーションを守ること」の3点です。
Webライターの世界に入ると実感できるのが、この3点を守れていないWebライターは非常に多いというものです。
逆をいえば、この3つを守れているライターは良い意味で差別化されます。
クライアントにとって安心の対象になり、仕事も任されやすくなるでしょう。

在宅主婦Webライターの生活面における苦労

主婦の在宅Webライターは、家で自分のペースで仕事が可能です。
子どものお迎えや家事との両立などメリットも多いですが、その分、生活面ではさまざまな苦労が生じます。
ここでは、主婦ライターである私が実際に感じているデメリットをご紹介します。

子どもは保育園・学童に入っていないと大変

子どものいる環境で文章作成に集中するのは難しいため、ちいさい子どもがいて保育園や学童に入っていない場合、執筆量を増やすのは大変です。
そのため子どもがいない時間だけで仕事を終わらせられるよう、受注量を調整しなくてはなりません。
しかし受注量を少なくした結果、「目標金額に達成できない」なんてことも。
子どもが動画やDVDに夢中になっている間に執筆を進める、というように隙間時間をうまく活かして仕事をすすめる必要があります。

日中に時間が取れない人は朝活・夜活で代用

子どもが発熱でお休みしてしまった、急な予定が入ってしまった、などの理由で日中の執筆時間がとれない日もあります。
病気や子どもの体調不良は仕方がないことです。しかし原稿を落としたり納期を遅れさせたりといった行為が続くと、クライアントは安心して仕事を任せられなくなります。
日中に時間が取れない日は朝活や夜活で代用する必要があるため、生活サイクルの乱れには注意が必要です。

仕事・家事・育児のすべてを完璧にするのは難しい

「家にいて仕事ができる」というWebライターのメリットが、重荷に変わることもあります。
「家にいるのだからすべて完璧にやるべき」というプレッシャーが生じてしまう主婦Webライターは、少なくありません。
「仕事をしているのだから育児はともかく、家事くらいは手を抜いても許される」という心持ちで家族も自分もいないと、すべてが辛くなってしまうため注意してください。

運動・睡眠不足

在宅主婦Webライターの基本姿勢は、座りっぱなしです。
そのため慢性的な運動不足になります。休憩を挟んでストレッチをするなど、意識をして体を動かすようにしましょう。
さらに仕事量の多いライターは日中以外に夜や朝にも執筆をするため、睡眠不足に陥りやすいです。運動不足も睡眠不足も頭の回転が鈍る原因となり、執筆パフォーマンスを下げかねません。
仕事量からライフスタイルを決めるのではなく、ライフスタイルから仕事量を考え、バランスよく健康的に仕事ができるように調整をしましょう。

主婦が在宅Webライターで稼ぐには継続がカギ

主婦が在宅Webライターを始めるのは難しくありません。しかし稼げるようになるかどうかは、努力次第です。
参入のハードルが低い分諦めるのも早くなりがちですが、すぐに稼げるとは思わず、経験を積んで勉強を繰り返すことが結果に繋がる近道です。
在宅Webライターにチャレンジしてみたい主婦の方は、焦らずじっくり少しずつ仕事をして、在宅Webライターの仕事に慣れることから始めてみてください。