働き方をアップデートするメディア

【2021年最新版】おすすめのスケジュール・タスク管理アプリ10選

ビジネスのタスクや毎日のやること(ToDo)などを管理するには、「付箋に書く」「手帳に書く」「メモ帳に書く」「カレンダーに書く」「Excelで整理する」など、色々な方法があります。

フリーランサー兼社会人大学生として日々多忙なスケジュールをこなし、多くの締め切りに対応している筆者も、ランダムなスケジュールやタスクを管理するにあたって、手帳や付箋など、様々な方法を試してきました。
アプリか手帳か散々悩んだ挙句、筆者が最終的にたどりついたのが「タスク管理アプリ」です。そこで今回はタスクやスケジュールの管理に役立つ、おすすめのタスク管理アプリやツールをご紹介します!

タスク管理アプリの選び方

スケジュールやタスクを整理・管理するための「タスク管理アプリ」。近年では様々な機能を備えたタスク管理アプリがリリースされています。
しかし、あまりのサービスの多さに「どれを選んだら良いか分からない」という方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、ここではタスク管理アプリを選ぶ際のポイントについて解説します。

ポイント1:リスト機能の充実度

まずタスク管理を行うにあたって、リスト機能の充実度は必ずチェックしておきたいポイントです。特にリストのチェック機能が搭載されているかどうかは非常に大事です。チェック機能が付いているアプリであれば「完了したタスク」と「まだ完了していないタスク」を見える化することができます。

優先順位をきちんと把握するためには、並び替えや優先順位を変更できる機能などが搭載されているアプリもおすすめです。
一方で、例えば「買い物リスト」や「家事リスト」などの簡単なToDoリストであれば、カレンダー機能はそこまで重視する必要はありません。わざわざカレンダー設定をするのが手間だという場合は、メモ帳代わりとしても使える付箋アプリがおすすめです。

ポイント2:カレンダー機能の充実度

その時々のタスク管理ではなく週単位や月単位、年単位のスケジュール管理や締め切りの管理に必須なのが「カレンダー機能」です。
アプリを仕事や習い事など多目的に使う場合は、ラベル分けの機能があるアプリを選びましょう。用途によってラベルの色を使い分けることによって、スケジュールの把握や整理がしやすくなります。
加えて、タスク漏れを避けるためにはリマインダー機能が搭載されているタスク管理アプリがおすすめです。

ポイント3:シェア機能の有無

スケジュールやタスクをチームメイトや同僚、家族などと共有する場合、シェア機能があるかどうかも大きなポイントです。シェア機能が搭載されている場合、アプリ上やメール経由、LINE経由など、どのような方法でシェアすることができるかも確認しておきましょう。
さらに、自分や相手が普段使用しているサービスと連動できるアプリであれば、よりスケジュールミスやタスク漏れを防ぎやすくなります。

ポイント4:他のデバイスとの同期の可否

iPadなどのタブレットやスマホ、PCなど、他のデバイスと同期ができるかどうかも重要です。
仕事用とプライベート用のデバイスなど、普段使っている複数のデバイスに同期しておくことで、情報にいつでもどこでもアクセスすることができます。

ポイント5:使いやすさと見やすさ

すべてのツールに言えることですが、操作のしやすさや画面の見やすさは非常に重要なポイントです。例えば中には「機能が豊富なタスク管理アプリが良い」という方もいれば、「シンプルで操作が簡単なタスク管理アプリの方が良い」という方もいるはずです。
スケジュール・タスク管理アプリは一日に何回も利用する、いわばパートナーのような存在です。これから長い付き合いをしていくからには、自分にとって使いやすいアプリや、画面が見やすいアプリを選びましょう。

ポイント6:無料でどこまで使えるか

せっかく自分の使いたい機能が搭載されていたとしても、その機能が有料である場合も考えられます。そのため、無料でどこまで利用できるかを事前に確認しておくことは必要不可欠です。
個人利用なら無料版で十分であることがほとんどですが、チームやグループなどで使用する場合は有料版の利用も検討してみると良いでしょう。

おすすめのタスク管理アプリ10選

ここではおすすめのスケジュール・タスク管理アプリを、厳選してご紹介します。

1. Google ToDo(グーグルトゥドゥ)

出典:‎Google ToDo リスト: タスク管理 | App Stor

Googleが提供しているタスク管理アプリ「Google ToDo リスト」。同じGoogleアカウントでログインすることによって各デバイスに自動で同期され、最新の情報を確認・編集することができます。GmailやGoogleカレンダーなどのGoogleの機能と連携することができるため、使い勝手が良いのが特徴です。

2. Todoist(トゥドゥイスト)

出典:Todoist: ToDoリストで仕事と生活を管理

Todoist(トゥドゥイスト)」はiPhoneやiPadはもちろんのこと、AndroidやWindows、Macでも同じUIで利用することができるのが特徴です。操作方法が統一されているため、複数のデバイスでログインする方にもおすすめです。
サブタスクの設定、優先度の設定、リマインダー設定など、細かく設定できるのもポイント。プロジェクト作成やプロジェクトやタスクの共有もできるため、仕事のチームや家族との共同利用にも役立ちます。

3. ToDotto(トドット)

出典:便利機能たくさんTODOアプリ | ToDotto

シンプルな画面と操作で使いやすさにこだわったスケジュール管理・ToDoアプリ「ToDotto(トドット)」。ToDottoは個人のタスクやスケジュールを時間ごとに設定し、管理することができるアプリです。豊富なラベルカラーやタグを自由にカスタマイズすることができ、なんと広告が一切ないのもポイント。
タスクのメモ書きやオフラインでの利用ができるなど、利便性が高いタスク管理アプリです。

4. Microsoft To Do(マイクロソフトトゥドゥ)

出典:To Do へようこそ | Microsoft

MicrosoftのToDoリストアプリ「Microsoft To Do」。デスクトップアプリとモバイルアプリの両方で利用することができ、アクセスのしやすさが特徴です。
チェックリスト機能はもちろん、タスクをシンプルなステップに分割したり期日やリマインダーを設定したりすることもできるので、タスク漏れを防ぐのに役立ちます。

5. TickTick(ティックティック)

出典:TickTick: Todo list, checklist and task manager app for Android, iPhone and Web

「ToDoリスト」「タイマー」「カレンダー」の機能がアプリ一つで完結できるなど、様々な機能を兼ね揃えた万能タスク管理アプリ「TickTick(ティックティック)」。
ToDoをリストごとにまとめられる機能や、目標設定機能、ポモロードタイマー機能、BGM機能、アプリの着せ替え機能が搭載されているなど、使い手側のニーズが徹底的に考慮されているタスク管理アプリです。

6. タブメモ ライト版

出典:‎タブメモ ライト版 | Mac App Store

「タブメモ ライト版」は上でご紹介したタスク管理アプリとは少し異なり、MacやWindowsの画面の端にメモをくっつけることができるアプリです。わざわざアプリを開かなくてもかわいいキャラクターのメモが常に画面端に表示されるため、タスク漏れの防止に効果的です。

7. Evernote(エバーノート)

出典:最高のメモアプリ – Evernote で大切なノートを整理 | Evernote

ノートやタスク、スケジュールを一括管理することができるメモアプリ「Evernote(エバーノート)」。ノートには文字だけではなく画像や音声、PDF、スキャン、文書ファイルなどを追加することができるので、自分好みで自由自在にカスタマイズ可能。
学生は学割を利用すれば、月額680円の有料版「Personalプラン」を半額の340円で利用することができます。

8. Trello(トレロ)

出典:Trello

世界中で100万ものチームに利用されており、多くの企業で導入されている業務管理ポータル「Trello(トレロ)」。ボード上のカードによってタスクを管理することができ、タスクの割り当て、タイムライン、生産性メトリクス、カレンダーなど、仕事の生産性を向上させる便利機能が搭載。
さらに、Slack、Googleドライブ、Dropbox、Confluence、Evernoteなどのビジネスツールを統合しており、スムーズなワークフローを実現することができます。

9. QuickMemo+(クイックメモプラス)

出典:‎付箋TODOメモ帳 – QuickMemo+ | App Store

140万ダウンロードされている「QuickMemo+(クイックメモプラス)」は、お買い物リストから仕事のToDo管理まで多用途で使えるリマインダー付箋メモ帳アプリです。
背景画像や付箋の柄も豊富で、操作はアプリの中でボードに付箋を貼り付けるだけ。ペーパーレスで環境に優しく付箋にメモをすることができます。

10. Habitica(ハビティカ)

出典:Habitica – Gamify Your Life

これまでどんなアプリも続かなかったという方にもおすすめなのが、こちらの新感覚ツール「Habitica(ハビティカ)」。全体的にRPGのようなシステムや世界観になっていて、タスクをこなせばこなすほど報酬や経験値が貯まっていきます。
ゲームのように報酬を貯めたりレベルアップしたりすることで装備やアイテムをゲットすることができるので、楽しみながらタスクをこなすことが可能に。思わずちょくちょく覗きたくなってしまうので、こまめなタスクの確認やタスク漏れの防止に役立ちます。

アプリを使って効率良くタスク管理を

近年ではまるで付箋や手帳のように自由自在にカスタマイズできるアプリや、タスクを楽しくする工夫がされているアプリなど様々なアプリがローンチされています。
アプリ一つで一括管理するも良し、用途によってアプリと手帳を使い分けるも良し。自分のニーズや好みに合ったタスク管理アプリを使って、タスク漏れの防止や生産性の向上に努めてみてはいかがでしょう。