働き方をアップデートするメディア

副業ライターに重要なことは?未経験でも活躍するために気をつけたい3つのポイント

「ライター」にはどんなイメージがあるでしょうか?簡単そう、難しそう、と人によって考え方はさまざまですが、実は「ライターになること」自体は非常に簡単です。

しかし継続して案件を獲得したり、求める収入を得続けたりすることは決して簡単とはいえないでしょう。

今回は副業でのライター業に重要なことやライターに適している人の特徴、未経験でもライターを続けていくためのポイントなどをご紹介します。

副業ライターになるために重要なこと

副業でライター業を行うことは可能ですが、続けることは簡単ではありません。
ここでは、ライターを続ける際に重要なことやライターに適している性格などをご紹介します。

継続するには、クライアントに認めてもらうことが重要

まず、ライターとして働く際にはクライアントとのやりとりが必要になります。基本的にクライアントとしてはある程度のクオリティを求めているため、雑な文章を書く人に発注したいと思わないでしょう。

そのため一般的には正式な発注をする前に、実力の程度を確認する「テストライティング」を行うケースがほとんどです。テストライティングでは、ライターにどの程度の実力があるのか、求める文章力があるかを見極めます。

テストライティングをして合格すれば正式に発注されますが、テストライティングで落ちてしまえばその案件は終了です。テストライティングを受ける人は数多く居る場合がほとんどのため、自分よりも優秀な人がいれば受からないケースもあります。
まずはテストライティングに合格し、継続して発注されるようなスキルを手に入れることが重要です。

ライターに適している性格とは

ライターは、クライアントが求めることを文章に反映する必要があります。そのため、下記のような性格であるとライターに適しているといえます。
(※内容はごく一部であり、すべての人に当てはまるわけではありません)

・クライアントの求めていることが想像できる、想像する努力ができる
・不得意な分野や情報が不足している分野の執筆をする場合、正しい情報のリサーチができる
・クライアントの要望に応えられる柔軟性がある

ライター業は「自分の作品を仕上げる」というよりは、「クライアントの求める作品を作ること」がメインになります。そのため「自分の文章が絶対に正しい」と思ってしまうような性格であると、クライアントとのやりとりは難しいでしょう。

自分の文章を大切にしながらもクライアントが求めることを考えられる性格であれば、ライターに適していると考えられるでしょう。

未経験ライターとして活躍するために気をつけたいこと3つ

ライターは簡単には続けられないと前述しましたが、ライターである意識をしっかりと持てば未経験でもライターとして活躍していくことはできます。
ここでは、ライターをするうえで気をつけた方がいいことをご紹介します。

1.クライアントから指示されたことを守る

ライターとして最初に必要になるのは、クライアントからの指示を守ることです。書き方や画像選定方法、納品方法など、基本的にクライアントの要望に沿って進めることになります。

そのためクライアントが何を求めているのかを理解し、実行に移すようにしましょう。一度言われて理解できなければ質問し、クライアントと自分の認識がずれていないかを確認しながら進めるようにしてください。

2.できるかぎりレスポンスは早く・丁寧に行う

クライアントから仕事を発注してもらう際には、密に連絡を取るケースも多いです。連絡方法はクラウドソーシングや専用アプリ上でなどさまざまですが、レスポンスが遅かったり雑な文章であったりすると受注が難しくなることもあります。

クライアントからすると、レスポンスが遅すぎたり文章が雑だったりする人と連絡を長く続けることは、精神的にも時間的に大きな負担となります。円満な関係を続けるためにも、できるかぎり早めのレスポンスや丁寧な文章でのやりとりを心がけるようにしましょう。

すぐに判断できない場合には「後程確認しご連絡いたします」といったように、ひとまず「連絡を見たこと」が伝わるように報告するだけでも良いでしょう。

3.語彙や表現方法などの勉強を続ける

ライターとして求められることのひとつは、「読者に伝えたいことを正確に伝えられる技術」です。そのため、日常的に言葉や使い方などを本やWebで調べ、自身の知識をアップデートしていくことも大切です。
言葉の引き出しが増えることで文章は何倍も美しくなり、正確に伝えられるようになります。

逆に文章の書き方の悪い癖がついてしまうと、直すのにも時間がかかります。自分の文章の癖は、早めに理解し柔軟に改善し続けることが重要です。