働き方をアップデートするメディア

ARグラス市場が加熱!ARグラスの登場で働き方がアップデートされる?

ハイテク業界ではARグラス市場が盛り上がってきており、スマートフォンで人気を博したARとしてはアプリの「ポケモンGO」などが代表的な例です。

ARグラスはグラス型のデバイスで、周囲の環境やセンサーが取得した空間情報を視界の中に表示する機能もあるといわれています。

今回は、AR技術は「働き方」に関する点でどのように変化し役に立つのか、そしてハイテク業界の現状や今後の見通しをご紹介します。

そもそもAR技術とは

AR技術の「AR」とは、「Augmented Reality(アグメンティッド リアリティ)」の略で、「拡張現実」を意味します。ARでは現実の世界に画像や映像、CGなどのデジタル視覚を重ねることで、仮想空間を作ります。

ここ数年ではスマートフォン向けのアプリに使われる傾向が増え、「ポケモンGO(Pokémon Go)」や「ドラゴンクエストウォーク」、インテリア家具の配置アプリなどが有名です。

「ポケモンGO(Pokémon Go)」においてはAR +モードが搭載されており、現実世界の特定の位置にカメラをかざすと、固定されたポケモンが現れ捕まえられる仕組みとなっています。

現実世界と連動しているように感じられ、近づきすぎるとポケモンに逃げられてしまうなど、あたかもポケモンが目の前にいるかのような感覚を味わえるゲームです。

似たような言葉に「VR」というものがありますが、VRは「Virtual Reality(バーチャルリアリティ)」の略で、現実とは異なる空間を現実かのように感じられる技術・システムのことを指します。

ARとVRは言葉が似ていますがまったく違うものであるため、誤用に注意が必要です。

ARで何ができるのか

AR技術の開発が進められてきている今日、ARを用いて実現できることは数多くあります。

ARゲームアプリ

位置情報を利用することで現実世界がそのままゲームの舞台になり、プレイヤーを世界に没入させることができます。
もともと仮想世界であったゲームを身近に感じられるため、位置情報を変更するために自ら移動するなど、ゲームを通じた別の楽しみも付加価値といえるでしょう。

家具・家電シュミュレーション

自宅やオフィスなどに置く家具の配置や全体のイメージをつかむのに役立つアプリで、室内にカメラをかざすと画面上に家具の画像が現れます。実際に家具を置いた場合のイメージがしやすいうえに、気に入ればそのまま家具・家電が購入できるアプリもあります。

バーチャルメイク・フィッティング

カメラを向けることでメイクの体験ができるアプリ、フィルターもあります。
たとえばスナップチャットやインスタグラム、写真アプリのSNOWなどでは、選択したフィルターによって外見を変えることが可能です。
ちょっとした娯楽目的で使えるものから、最近では化粧品会社の販売促進の目的としてバーチャルメイクを体感できるサイト・アプリも増えています。

デジタル×リアルの体験型イベント

最近の展示会やイベントは、スマートフォンを使うなど「体験型」で行われることが増えました。
たとえば携帯をかざすことでイベントのメインとなるキャラクターが姿を表すなど、来場者を楽しませる工夫をする企業が増えています。

MAP・地図案内

Googleマップなどの地図アプリでは、スマートフォンのカメラで写し出した現実世界の映像にCGなどを使った情報が重なることで、ルート案内の表示が可能となります。
地図の読み取りが苦手な人にとっては、便利なアイテムではないでしょうか。

ARを利用しよりリアルな情報を取得できるようになったことで、私たちの生活に楽しみや利便性を与えるような技術が増えてきました。
企業側としても実際に対面せずとも接客と同等の効果が見込めるため、今後AR市場はますます盛り上がる可能性を秘めているといえるでしょう。

「ARグラス」による「働き方」の変化

近年では、AR技術がより進化し、「ARグラス」の開発も進められています。
ARグラスとは、グラス型のデバイスです。ARグラスをつけることで搭載されているセンサーが反応し、空間情報が視界に表示されます。
近年では、ARグラスによる働き方の変化が期待されています。

遠隔操作によって現場の状態を把握することで「業務効率化」

ARグラスでの働き方の変化としては、「遠隔操作によって視覚を共有し、遠隔で業務を行う」ことが可能となることが挙げられます。

従来はほとんどのケースで業務を教えたり実践したりする際、作業者が作業場所に行き直接目で見て行う必要がありました。しかし、ARグラスを使うことで「まるでその場にいるかのような感覚」で業務を進めることができるようになります。

特にコロナ禍では対人での接触に気をつけなければいけなこともあるため、非接触で業務が進められることは働き方の変化として大きな一歩だといえるでしょう。

加熱しているARグラス市場の状況

近年ではARグラスの市場が加熱しており、ハイテクノロジー業界でARグラスの開発戦争が熱を帯びています。日常に新たなテクノロジーを活用できる機会をもたらすとして、各業界からも期待が高まっているようです。
ここでは、各企業の現時点での様子や見込みについてご紹介します。

SnapChatの米SnapがARグラスに参入か

ITニュースサイトのThe Informationによると、SnapChatを運営している米SnapはAR機能搭載スマートグラスを次期Spectaclesとして発表するようです。
レンズにARエフェクト機能が追加され、着用者は携帯電話などを使用せずとも画面を見ているかのような「AR効果」を感じられるようになる可能性もあります。

さらに、The Informationによると新しいSpectaclesは開発者や企業を対象にしている様子で、消費者が使えるようになるまではもう少し時間がかかると考えられます。
しかし情報があまり出回っておらず、本体機能やスペックなどの具体的な情報は公開されていません。加えて、製品の販売時期も現時点では不明です。

Googleは一度失敗し、方向転換

米Googleは2012年に「Google Glass」を発表しています。しかしその際は周囲の状況をカメラで撮影・認識することから、プライバシーが侵害される恐れがあるとみなされました。
さらにキラーアプリの不在と相まって、一般消費者用途にはつながらなかったようです。
「Google Glass」は一般向けの普及に失敗し、現在は企業・産業向けに方向転換されています。

FacebookのARグラスは2021年投入か

Facebookは先月、腕時計型ウエアラブル端末と並んで、ARグラスを開発していると明らかにしました。
メガネ型端末対応のソフトウェアやハードウェア開発・研究を推進する取り組みの一環として、ARグラス開発が進められています。
さらに欧州の有名メガネブランド「レイバン」と提携し、ハイテクノロジー機能を備えたスマートグラスを発売する予定ともいわれています。

米Googleが2012年に発表した際の不安事項である個人情報保護への取り組みを分析し、米Googleの二の舞にならないよう入念に準備を進めているとの噂もあるといいます。

沈黙を貫くAppleの開発状況は

TF Securitiesのアナリストのミンチー・クオ氏は、Appleメガネや複合現実ヘッドセットなどの拡張現実(AR)について、「モバイルに特化した製品として、2025年に登場するだろう」と伝えています。

SnapやFacebook、Googleと比べると公開されている情報がかなり少ないようです。
しかしミンチー・クオ氏によると、Appleから2030年以降にはARコンタクトレンズが発売される可能性もあるといわれており、私たちの想像を超えるものが急に現れることもあるでしょう。

各企業のARグラスの開発状況の様子は、目に見えているものからまだ私たちに明かされていなものまで、さまざまであることがわかりました。
ARは私たちの生活の一部となってきています。これからARグラスの普及が進むことで「現実と仮想をつないだ空間」が、私たちの働き方をアップデートしてくれる未来はそう遠くはないといえるのではないでしょうか。